metaps 利用規約

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)には、株式会社メタップスリンクス(以下「Metaps」といいます。)が提供する広告サービス、広告収益化サービス、Analyticsサービス及びAutomationサービス(以下これらを総称して「本サービス」といいます。また各サービスの詳細については、以下に定義されます。)の利用に関する重要な内容が規定されておりますので、本サービスの利用者(以下単に「利用者」といいます。)は、本利用規約を熟読し、本利用規約の内容を理解した上で、本サービスを利用してください。本利用規約は、利用者とMetapsとの間の法的拘束力を有する合意であり、利用者が本利用規約の規定に同意することにより、Metapsと利用者を拘束します。利用者は、本利用規約のうち、利用者に適用のある全ての規定に全て同意していただかなければ、本サービスを利用することはできません。ただし、Metapsと利用者が別途書面により本サービスの利用に関する契約を締結した場合には、当該契約の規定が本利用規約の規定に優先するものとします。

第1章 総則

1. 目的

1.1 Metapsは、利用者に対し、ドメイン名を「metaps.com」とするウェブサイト、当該ウェブサイトに関連してMetapsが随時提供するその他のウェブページ上(以下単に「本ウェブサイト」といいます。)及び/又はMetapsの提供するSDKを通じて、本サービスを提供するものとし、利用者は、本サービスを本利用契約に従って利用するものとします。

1.2 Metapsより利用者に対し提示されるサービス詳細、諸規定、注意事項等も、本利用規約の一部を構成するものとし、利用者は、本サービスの利用にあたり、これらのサービス詳細、諸規定、注意事項等にも同意するものとします。

2. 定義

本利用契約では、以下の用語と表現は文脈上他の意味に解すべき場合を除き、次の意味を有するものとします。

(1) 本アプリケーション

利用者が提供し、SDKを搭載するアプリケーションをいいます。

(2) 機密情報

一方の当事者(開示当事者)から他方の当事者(受領当事者)に対して書面、口頭その他の手段で開示する情報であり、開示の状況から合理的に機密と見なされる一切の情報をいい、本章においては以下の情報を含むものとします。

(i) 公表前の広告内容

(ii) Metapsが明らかにする利用状況の統計

(iii) Metapsが提供するサービスや関連サービスに関係するもの。また、このようなサービスによって収集された(利用状況データやその編集内容を含む)あらゆるデータ、情報、ソフトウェア

(iv) 技術、プロセス、ノウハウなど、本利用規約に従って共有されたMetapsが保有する独自情報

(v) その他、あらゆる非公開情報

(3) 当事者

本利用規約に基づく契約を締結する当事者をいう。

(4) SDK

Metapsが利用者に対して提供するソフトウェア開発キットなどのソフトウェアをいいます。

(5) エンドユーザー

本アプリケーションをクリック、ダウンロード又はインストールする個人及び対象サイトを閲覧する個人をいいます。

(6) エンドユーザーデータ

本アプリケーション又はタグを通じて取得されるエンドユーザーに関するあらゆるデータ又は情報をいいます。

(7) 広告

オンラインアプリケーションプログラム若しくはWEBサイトに関してのプロモーションを行うこと、又はその情報を提供するためのオンライン上でのコンテンツをいいます。

(8) 広告サービス

Metapsと提携する第三者のウェブサイト、アプリケーション等上に、利用者が広告を掲載することができるサービスをいいます。

(9) コンフィギュレーション

利用者がMetapsのアカウント内に有するオンラインコンフィギュレーションをいいます。

(10) Market Place

エンドユーザーによって本アプリケーションのインストールを可能にするアイコンなどが表示されるウェブページや画面をいいます。

(11) 広告収益化サービス

本アプリケーション上に広告枠を設置し、当該広告枠にMetapsの指定する第三者の広告(以下「第三者広告」といいます。)を掲載することで、本アプリケーションの収益化を実現するサービスをいいます。

(12)Analyticsサービス

Metapsが利用者に対して提供する、エンドユーザーによる本アプリケーションの利用状況等の分析を目的とするサービスをいいます。

(13) Automationサービス

Metapsが利用者に対して提供する、対象サイトのエンドユーザーに関する対象サイトの利用状況等の分析及びマーケティングの促進を目的とするサービスをいいます。

(14) 対象サイト

利用者が管理・運営するウェブサイトであって、Automationサービスを利用するために、利用者がMetapsに通知したウェブサイトをいいます。

(15) タグ

Metapsが利用者に対して対象サイトに設置するために提供するツールをいいます。

(16)本サービス利用料

利用者が、Metapsに対して支払う、本サービス利用の対価をいいます。なお、広告サービス、Automationサービス等を通じて行われるプロモーションにかかる販促費その他の費用は、これに含まれません。

3. アクセス

3.1 Metapsは、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部について、いつでも停止、中止、又は廃止することができます。この場合において、Metapsは、利用者に対し生じたいかなる損害についても賠償する責任を負いません。また、Metapsは、その裁量により、いつでもMetapsが別途定める方法(本ウェブサイト上への掲載及び利用者への電子メールの送付を含みますが、これに限りません。)により、利用者に通知することで、本利用規約の規定を変更することができるものとします。利用者は自ら本利用規約の変更を確認し、理解するものとします。利用者は、本利用規約の変更後も本サービスを利用することによって、本利用規約の変更内容を承諾したものとみなされます。利用者が変更後の本利用規約の内容に合意できない場合は、利用者は、本サービスの利用や本サービスへのアクセスを中止しなければなりません。

3.2 Metapsは、本サービスとして、新たなサービス及び/又は追加機能を随時導入することが可能であり、利用者は、Metapsが別途指定する方法により申し込むことにより、かかる新たなサービス及び/又は追加機能を利用することができます。利用者は、当該利用が可能となった新たなサービス、追加機能に関して、例えば広告収入の配分などに異なる条件が規定されることがあることを理解した上で合意し、このような追加機能の利用に際しては新たな条件に従って本利用規約に定める利用者の義務を負うことに合意するものとします。

3.3 本サービスの利用に先立ち、または実際の利用に際し、利用者はMetapsに対して以下の事項を表明して保証するものとします。

(1)利用者が法人などではなく個人の場合は、20歳以上であること(20歳未満の場合は保護者または後見人の同意を得ていること)。

(2)本サービスの利用に際し、利用者がMetapsに提出した登録情報の内容が正確であること。

(3)前号の登録情報の提出後も当該登録情報内容の正確性を維持すること。万が一、前号の登録情報に変更が生じた場合には、利用者は、Metapsに対し、速やかに登録情報が変更された旨及び変更後の登録情報について、Metapsが別途指定する方法により通知をするものとします。

(4)法令又は本利用規約に違反して、本サービスの利用又はアクセスを行わないこと。

(5)利用者が利用する本サービスの選択、その利用及び本サービスへのアクセスについて、利用者が全責任を負うこと。

4. アカウント及びパスワードの管理

4.1 Metapsは、利用者に対し、本サービスの利用に際し、アカウント(以下「本アカウント」といいます。)及びパスワード(以下「本パスワード」といいます。)を発行します。

4.2 利用者は如何なる場合においても、本アカウント及び/又は本パスワードを第三者に譲渡又は貸与してはならないものとします。

4.3 利用者は、本アカウント及び本パスワードについて、不正利用の防止に努めるとともに、善良な管理者の注意義務をもって、適切に管理するものとします。Metapsは、利用者の本アカウント又は本パスワードが第三者によって使用された場合であっても、利用者自身の使用であるとみなすことができます。また、Metapsは、利用者が本アカウント及び本パスワードを第三者に利用されたことによって、利用者に生じた一切の損害について、如何なる責任も負わないものとします。

4.4 Metapsの従業員及び/又は委託先の一部は、本サービスの円滑な運営のために、利用者の本アカウントで本サービスにログインする場合があり、利用者はこれに予め同意するものとします。

5. 本ウェブサイト上のコンテンツ

5.1利用者は、本ウェブサイト上に表示される文章、画像、記事、写真、及び/又はイラスト(以下「本コンテンツ」という。)について、本ウェブサイト上に表示されている本コンテンツの利用方法を順守し、いかなる理由においても、Metaps又はMetapsに本コンテンツの使用を許諾しているライセンサー(以下「本ライセンサー」といいます。)の事前の同意なく、本コンテンツを、複写、複製、変更、翻訳、出版、放送、送信、配布、実施、アップロード、表示、使用許諾付与、販売、悪用してはならないものとします。

5.2 利用者は、全部であるか一部であるかを問わず、本ウェブサイトにかかるソフトウェア、マテリアル、サービスを変更、出版、送信、販売、(本第5条が明確に規定している場合を除き)複製、その派生品の作成、配布、実施、表示、悪用を行ってはならないものとします。

5.3 利用者は、本ウェブサイトにおいてダウンロード可能である旨の表示がなされている本コンテンツを、Metaps又は本ライセンサーが事前に認める方法に従って、ダウンロードしたり利用したりすることができるものとします。ただし、利用者はどのような方式によっても多量のコンテンツを保存してはならないものとします。利用者は、Metaps又は本ライセンサーによる事前の書面による同意なく、本サービスの目的を超えて本コンテンツの複写や保存をしてはならないものとします。利用者は、Metapsによる事前の書面による同意なく、本ウェブサイトへのリンクを作成してはならないものとします。

5.4 Metapsは、第三者や政府機関から本コンテンツに関して異議又はクレーム(損害賠償の請求、使用差止の請求等内容の如何を問いません。)を受領した場合、又はMetapsが利用者が本利用規約の規定を違反し若しくは違反するおそれがあると合理的に判断する場合等、Metapsの裁量により、いつでも本サービスからいずれの本コンテンツも削除することができます。

6. 知的財産権等

6.1 Metapsは、利用者に対し、利用者が本サービスを利用するために、利用者の管理・運営するアプリケーションに組み込むことを目的として、SDKの非独占的な利用を許諾します。利用者は、Metapsの事前の書面による同意のない限り、SDKを第三者にサブライセンスすることはできません。利用者は、SDKを利用者の管理・運営するアプリケーションに組み込まない限り、本サービスの一切を利用できないことについて予め了承します。

6.2 当事者間において、エンドユーザーデータから生じる分析結果の情報その他本利用規約に関連してMetapsが生成する全てのデータ、SDKにかかる知的財産権その他本ウェブサイト及び/又は本サービスを通じてMetapsが提供する文章、画像、映像、音声、プログラムその他のコンテンツにかかる権利(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含みます。)は、Metaps又は本ライセンサーが保有・維持するものとします。

6.3 本利用規約又は当事者間の合意において別途定めがない限り、利用者は前項に定めるデータ及びSDKを、本サービスを利用する範囲内でのみ、Metapsから提供を受けた際の状態のままで、変更、修正することなく、利用者においてのみ、非独占的に利用することができます。

6.4 利用者は、SDKをMetapsの書面による承諾なく複製、改変、解析、デコンパイル又はリバーズエンジニアリング等してはならないものとします。利用者は、SDKの利用に際し、Metapsの提供する広告サービスやその一部を迂回し、又はその他の事項の追跡や監視を不可能にする直接の接続若しくは設定をしてはならないものとします。

6.5 Metapsがその独自の判断で利用者に対し、SDKその他本サービスに関連する技術に関する新たなバージョンや改訂版を提供する場合(以下「アップデート」といいます。)、利用者は前バージョンの利用を即時中止し、アップデートを実施しなければならないものとします。利用者が、アップデートを怠ったことにより、利用者に発生した一切の損害について、Metapsは一切責任を負わないものとします。

6.5 理由の如何を問わず、本利用規約に基づく契約が終了する場合、利用者は、Metapsに対し、すべてのSDKの複製物、マニュアル、その他のドキュメント等、その他本サービスに関連してMetapsが利用者に提供した書類、素材、データ等を、速やかに返還又は破棄するものとします。

6.6 利用者は、Metapsによる本サービスの提供を妨げる行為又はそのおそれのある行為をしてはならないものとします。

6.7 Metapsは、利用者の名称またはロゴを、広告、宣伝、その他Metapsの営業活動において、使用することができるものとします。Metapsは利用者の名称またはロゴを利用者の評判に悪影響を及ぼす形では使用しないものとします。

7. 表明保証

7.1 各当事者は、他方の当事者に対し、以下の事項を表明し、かつ、保証するものとします。

(1) 当事者が本利用規約に基づく契約を締結する完全な権利、能力、権限を持つこと。

(2) 本利用規約に基づく契約の有効期間中、当該契約の締結と当該契約に基づく義務の履行のために、適用されるあらゆる法令及び規則上必要な許認可、権限、承諾または同意を取得しており、かつ、当該契約の有効期間中維持すること。

7.2 利用者は、Metapsに対し、以下の事項を表明し、かつ、保証するものとする。

(1) 利用者が会社組織または他の法人組織である場合、本利用規約に基づく契約の締結及び本サービスに関連する取引のために必要な承認を全て取得し、利用者による本サービスの利用及び本利用規約に基づく契約上の義務の履行がいかなる法令、規則及び契約に違反しておらず、また今後も違反しないこと。

(2) 本アプリケーションに、知的財産権、企業秘密、人格権、プライバシーの権利、肖像権及び第三者の財産権を含む、第三者の権利を侵害する恐れのあるいかなる物も含まれていないこと。

(3) 本アプリケーションに、いかなるウイルス、トロイの木馬、トラップ・ドア、バック・ドア(秘密の裏口)、イースター・エッグ(隠し機能)、ワーム、時限爆弾、キャンセルボット、その他本サービスに損害を与えたり、本サービスの運営を妨げたり、システム・データ、個人情報の傍受、不正没収を起こす可能性のあるプログラムのルーティンも含まれていないこと。

(4) 本アプリケーションに公序良俗に反するコンテンツが含まれておらず、本アプリケーションに適用されるいかなる法令及び規則にも違反していないこと。

(5) 利用者が暴力団、暴力団構成員・準構成員、暴力団関連企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力団、その他の反社会的勢力に該当しないこと。

(6) いかなる法令及び規制にも違反しないこと。

(7) 有害、詐欺、虚偽、脅迫、虐待、いやがらせ、不法、中傷、卑属、わいせつ、Metaps又は第三者の名誉を毀損する等、Metapsが不適切であると判断する方法により本サービスを利用しないこと。

(8)本サービスの利用に関して利用者に発生する税金等は自らの責任において申告、報告、支払等を行うこと。

8. 相互の免責事項

8.1 一方の当事者は、他方の当事者に対し、当事者による保証違反から生じる全てのクレーム、損失、損害、税金、合理的な弁護士費用、訴訟費用を補償し、かつ他方当事者に損害を被らせないことに各当事者は同意するものとします。補償を受ける当事者は補償を行う当事者に対し、(1)訴訟又はクレームがあった場合には、直ちにその旨を書面により通知し、(2)当該訴訟又はクレームに係る当事者の代理人についての情報を提供し、(3)当該訴訟又はクレームから防御及び/又は解決するための適切かつ充分な情報と、合理的な支援を提供するものとします。補償を受ける当事者は補償を行う当事者の事前の書面による同意なしに、いかなる訴訟又はクレームの和解も行わないものとします。ただし、かかる同意は不当に留保、又は遅延されないものとします。

9. 免責:保証責任

9.1 本サービスは現状有姿で提供されるものであり、本利用規約において明示的に規定されている場合を除き、Metaps、その親会社、それらの子会社、系列会社、役員、取締役、代理人、合弁会社、従業員、及び/又はサプライヤー(以下これらを総称して「Metaps等」といいます。)は、明示、黙示を問わず、本サービスに関して、正確性、最新性、完全性、有用性、目的適合性、安全性、適法性、真実性等いかなる事項についても保証しないものとします。

9.2  利用者は、Metapsが、本ウェブサイト及び本サービスに関して、永久的、安定的、エラーのない、又は安全なアクセスを保証するものではなく、本サービスは、メンテナンス、アップグレード、又はMetapsの合理的な支配の及ばない多くの外的要因によって一時的に中断されることがあることにつき、予め了承するものとします。

9.3 Metapsは本サービスに基づく全ての広告のポジショニング、ランキング、ユーザー評価及び本アプリケーションに関するGooglePlayやその他のアプリ・ストアにおけるレベル、ランキング、ユーザー評価、ダウンロード数その他のユーザーアクションに関して何ら保証しないものとします。

9.4 利用者は、利用者自らの判断と責任において、SDKをダウンロード、利用するものとし、SDKの利用に基づくコンピューター・システム若しくは本アプリケーションの損傷又はSDK若しくはMetapsの供給する他のソフトウェアを利用して収集されたデータの損失について、利用者が単独で責任を負うことを予め了承するものとします。

9.5 利用者は、本サービスの利用に関して、利用者が保有する情報について、バックアップを取るものとし、万が一、当該情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じたとしても、損害が生じないよう十分な注意を払うものとし、Metapsは利用者に発生したかかる損害について一切責任を負わないものとします。

9.6 SDK、本コンテンツその他本サービスに関連して提供されるデータ、ソフトウェアが、第三者の権利を侵害していることを理由として、利用者が第三者から異議又はクレームを受け、利用者と第三者との間で紛争が生じた場合には、以下の条件の下、Metapsがその責任及び費用にてかかる紛争の解決にあたるものとします。ただし、かかる紛争がMetapsの責めに帰すべき事由によらない場合には、Metapsはかかる義務を負わないものとします

(1) 利用者が、Metapsに対して、第三者からの意義又はクレームがあった旨を即時通知すること。

(2) 当該紛争の解決について、利用者が、Metapsに対し、反論・和解を含めた一切の交渉の全権を委ねること。

(3) 利用者が、Metapsからの合理的な範囲においてかかる紛争の解決に協力すること。

10.損害賠償責任の制限

10.1 いかなる場合においても、Metaps等は、本サービスへのアクセス又は利用に関して発生する、 (1)代替品又はサービスの購入のための費用、(2)間接損害、逸失利益、懲罰的損害、(3)信用の喪失に対して、その責任を負わないものとします。

10.2 Metaps等の利用者に対する全ての責任は、契約責任であるか、不法行為責任であるかを問わず、また、故意又は過失に基づくかを問わず、直接かつ現実の損害に限定されるものとし、本サービスに関して利用者から当該損害が発生した月に受領した本サービス利用料の額を上限とします。

11. 情報の開示

11.1 利用者は、以下に掲げる場合には、Metapsが、あらゆる本サービスに関連する情報にアクセス、確認、保護、そして開示する権利を有することを予め了承します。ただし、当該情報に利用者の機密情報が含まれる場合は、次条の規定が本条に優先するものとします。

(1) 法律、規則又は政府の要請に従う必要がある場合

(2) 本利用規約に基づく契約の履行、又は利用者による同契約の違反の可能性を調査する場合

(3) 不正の発見、予防、若しくは対処、又は本サービスの安全性の確保、又は技術的問題を解決する必要がある場合

(4) ユーザーサポート・リクエストへの対応

(5) Metaps、エンドユーザー又は第三者の権利の保護又は安全のために必要がある場合

12. 守秘義務

12.1各当事者は機密情報を保持し、いずれの当事者もいかなる目的によってもいかなる第三者に対して、本利用規約における義務の履行、または権利の行使のため、または本利用規約において別途定める場合を除いて、他方の当事者の機密情報を開示してはならないものとします。ただし、各当事者は、以下の情報については、守秘義務を負わないものとします。

(1) 開示当事者の事前の書面による同意により、第三者への公表または開示が許諾されている情報

(2) 開示当事者からの受領時に、受領当事者が既に保有していた情報

(3) 受領当事者の過失によらず、受領当事者が開示当事者から受領した後、公知となった情報

(4) 開示当事者により第三者に守秘義務を課すことなく提供された情報

(5) 開示当事者の機密情報を使用したり、本利用規約に違反することなく、受領当事者により、独立して開発された情報

(6) 政府機関の要請又は法律に基づき、開示が必要な情報。ただし、受領当事者が開示当事者に対し当該要請について開示に先立ち書面により通知し、開示当事者とその開示方法について協議することを条件とします。

12.2 全ての機密情報は、開示当事者に帰属し、当事者間の合意がない限り、受領当事者は機密情報について何ら権利を有しないものとします。

13. 禁止事項等

13.1 利用者は、本サービスを利用するにあたり、以下の各号に規定する行為を行ってはならないものとします。

(1)他の利用者から、本パスワード、本アカウント若しくは個人情報を取得することを意図した通信や要請を掲示若しくは送信する行為、又は掲示や送信につながる行為

(2) コンピューターネットワークの安全を脅かすこと、他人のパスワードを解読すること、脅迫的又はわいせつと見なされることのあるものを含む不法な情報、資料等を送信又は保存すること、その他不法行為に該当しうる行為

(3)メーリングリストプログラム「Listserv」又は自動返信システムを実行すること、本サービス上でスパム行為を行うこと、利用者が本ウェブサイトにログオンしていない時間でも動作しうるプロセスを実行すること、その他本サービスの基盤システム(インフラストラクチャー)の動作を妨害し、多大な負荷をかけ、又はその可能性のある行為

(4) 本ウェブサイトに対し、「クロール」行為や「スパイダー」行為を実行するような手動式ソフトウェア、自動化ソフトウェア、装置、その他のプロセスを使用する行為

(5)逆コンパイル又はリバースエンジニアリングその他本サービスのソースコードを取得しようとするような行為

13.2 本アプリケーション又は広告の内容が以下に該当する場合、本サービスは利用できないものとします。

(1)法律に違反し、又は違反するおそれのあるもの

(2)社会規範、公序良俗に反するもの、他人の権利を侵害しうるもの、又は他人の迷惑となるようなもの

(3)誹謗中傷するもの、名誉を棄損するもの

(4)著作権や商標権等の知的財産権を侵害するもの

(5)プライバシーを侵害するもの、個人情報の取得、管理、 利用等に十分な配慮がされていないもの

(6)他人を差別するもの、人権を侵害するもの

(7)セクシャルハラスメントとなるもの

(8) 詐欺的なものその他いわゆる悪質商法とみなされるもの

(9) 射幸心を著しくあおる表現のもの

(10)非科学的又は迷信に類するもので、利用者を惑わせたり、不安を与えるもの

(11)犯罪を肯定、美化、助長するもの

(12)反社会的勢力によるもの

(13)醜悪、残虐、猟奇的等で不快感を与えるもの

(14)性に関する表現が露骨なもの

(15)個人情報の入力を必要とする出会い系やそれに準ずるもの

(16)売春や援助交際のあっせん又はこれらを正当化したり、推奨したりするもの

(17)児童ポルノを連想させるもの

(18)サービス、商品の内容が不明確なもの

(19)業界で定めるガイドラインなどに違反し、又は違反するおそれのあるもの

(20)その他、当社が不適切と判断したもの

14. 法令遵守

14.1 利用者は本サービスの利用に際し、適用のある全ての法律、規則、規約に従うことに同意するものとします。

14.2 Metapsは、本利用規約に対する違反行為の発生、又は適用される法律、規則、法的手続き又は政府の要請への遵守の判断決定のため、利用者の本サービスの利用について調査する権利を保有しますが、その義務を負わないものとします。

15. プライバシーに関する方針

15.1 Metapsは、プライバシー保護の方針(http://www.metaps.com/ja/privacy)に従って、個人情報を取り扱います。プライバシー保護の方針は、本利用規約の一部を構成します。そのため、利用者が本利用規約に同意することは、Metapsのプライバシー保護の方針に対する同意を意味します。Metapsは、当該プライバシー保護の方針を、利用者に通知なく随時変更及び修正することができます。本サービスにおいては、Metapsが、SDK又はタグを通して、エンドユーザーデータを取得する場合があるため、利用者は、利用者自身のプライバシーポリシーをMetapsのプライバシー保護の方針と適合させ、また、利用者は、利用者自身のプライバシーポリシーにおいて、MetapsのSDKを利用していること及びMetapsのプライバシー保護の方針のリンクを掲載するよう努めるものとします。

15.2利用者は、エンドユーザーデータの取扱いについて、以下の各号を理解し、同意するものとします。

(1) 利用者は、本サービスの利用にあたり、エンドユーザーデータを取得することについて、エンドユーザーから同意を取得するものとします。

(2) 利用者は、本サービスを利用するために、Metapsに対して、利用者の有するエンドユーザーデータを提供しなければならない場合があります。

(3) Metapsは、前号に定める他、SDK又はタグを通じて、独自にエンドユーザーデータを収集する場合があります。

15.3 Metapsは、エンドユーザーデータを、本サービスの改善、新規サービスの開発、マーケティング調査、データ分析その他Metapsの事業運営のために、自由に利用することができるものとします。また、Metapsは、エンドユーザーデータを、株式会社メタップス及び同社の関係会社(子会社及び関連会社(外国に所在する会社を含む。)を含む。また、これらの会社に組織再編行為があった場合には実質的に同一の範囲を含む。)に対し、マーケティング調査及びデータ分析の実施を目的として、提供することができるものとします。

15.4 利用者は、Metapsが前項に定める方法でエンドユーザーデータを利用及び第三者に提供することについて、関連法令、ガイドラインその他の規則に従い、エンドユーザーから適切な同意を取得するものとします。

16. 第三者のウェブサイト

16.1 本サービスには、Metapsが所有・管理していない第三者のウェブサイト(以下「第三者ウェブサイト」といいます。)へのリンクが含まれる場合があります。利用者は、自己の責任において、第三者ウェブサイトを利用するものとし、Metapsは、利用者の第三者ウェブサイトの利用について一切責任を負いません。利用者は、Metapsが、いかなる第三者ウェブサイトについても、そこで表現される内容、正確性、プライバシー保護、行為、表示等について一切責任を負わず、また、Metapsがいかなる第三者ウェブサイトについても監視、内容の確認、検閲、編集せず、またそうすることが可能な立場にもないことを予め理解し了承するものとします。利用者は、第三者ウェブサイトを利用したことを原因として被った全ての損害について、Metapsを免責するものとします。

16.2 利用者は、第三者ウェブサイト及び第三者ウェブサイト上で提供されるサービスを利用する場合には、第三者ウェブサイト及び第三者ウェブサイト上で提供されるサービスに対して適用される規約、注意事項その他方針を理解し、本利用規約に加え、かかる規約、注意事項その他方針について同意するものとします。

16.3利用者は、利用者間、又は利用者と第三者との間に紛争が発生した場合であっても、Metaps等は、かかる紛争について何ら責任を負わないことを予め了承します。

17. 期間

17.1 Metaps及び利用者の間で別途合意なき限り、本利用規約に基づく契約は、利用者が本利用規約に同意して本サービスを利用開始したときから効力を生じ、1年間有効であるものとします。ただし、当該有効期間満了日前の1カ月前までに、Metaps又は利用者のいずれかが相手方に契約を終了したい旨通知しない限り、契約期間はその後1年間同一条件にて継続されるものとし、以降も同様とします。

17.2 本利用規約に基づく契約が事由の如何を問わず終了した場合であっても、第5条、第8条乃至第12条、第13条第1項、第16条、本項、第18条第4項及び第5項、第19条並びに第20条はなお有効に存続するものとします。

18. 解除

18.1 両当事者は、相手方に以下のいずれかの事由が生じた場合には、何らの催告を要することなく本利用規約に基づく契約を解除することができるものとします。

(1) 本利用規約の条項に違反し、相当の期間を定めて催告しても違反状態を是正しないとき。

(2) 手形又は小切手の不渡りを出したとき。

(3) 破産の申立、民事再生手続開始の申立、会社更生手続開始の申立、若しくは特別清算開始の申立、又はそれらの手続の開始があったとき。

(4) 仮差押、仮処分、差押、滞納処分又は競売手続の開始があったとき。

(5) 営業を停止若しくは廃止し、又は事業譲渡、変更、解散、合併の決議をしたとき。

(6) 第三者に企業買収されたとき、又は主要株主に変動があったとき。

(7) その他財産状態が著しく悪化し、又はそのおそれがあると認められる相当の事由があるとき。

18.2 Metapsは、利用者に対して書面により通知することにより、いつでも本利用規約に基づく契約を解約することができるものとします。利用者は、Metapsに対して書面により30日前に通知することにより、いつでも同契約を解約することができるものとします。

18.3 利用者が第7条第2項第5号に定める反社会的勢力に該当することが判明し、又は以下の各号の一に該当する事由がある場合、Metapsは何らの催告を要せず本利用規約に基づく契約を即時解除することができます。

(1) 反社会的勢力が経営を支配又は実質的に関与していると認められるとき

(2) 自ら又は第三者の不正の利益を図る若しくは第三者に損害を加える等の目的で不当に反社会的勢力を利用したと認められるとき

(3) 反社会的勢力に資金等を提供し、又は便宜を供するなどの関与をしていると認められるとき

(4) 自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動を行い、若しくは暴力を用いる等の行為を行ったとき

(5) その他前各号に準ずるとき

18.4 前項に基づき本利用規約に基づく契約が解除された場合、Metapsは、利用者に対し、同契約終了に伴い生じた損害について賠償を求めることができます。

18.5 本利用規約に基づく契約が解除された場合、利用者が、本サービスの利用、本ウェブサイト及び本コンテンツの利用、アクセスに対して有する権利は即時消滅します。

19. 不可抗力

19.1 いずれの当事者も、テロリズム、火災、動乱、戦争、蜂起、地震、水害、その他同様の現象など、その各当事者の合理的な支配の及ばない事由に起因する場合、その他当事者の過失のない場合、本利用規約が規定する義務について、その不履行や履行遅延に責を負わないものとします。ただし、両当事者は、義務の履行を妨げたり、遅延させたりする原因が消滅した後は、即時に履行を再開しなければなりません。

20. 雑則

20.1 いずれの当事者も、本利用規約が規定する権利を行使しなかった場合において、当該権利を放棄したものとはみなされません。

20.2 本利用規約のいずれかの規定が履行不可能又は無効と判断された場合、当該規定は削除され、その元来の意図をもっともよく反映する新たな規定として新たに解釈することができます。また、当該規定が履行不可能又は無効と判断された場合であっても、本利用規約の他の規定の有効性にはまったく影響しないものとします。

20.3 Metapsが事前に書面で同意する場合を除き、利用者は本利用規約に基づく契約上の地位及び/又は当該契約に基づき発生する権利義務を第三者に譲渡、再実施権(サブライセンス)を許諾してはならず、担保に供してはならないものとします。Metapsは、本利用規約に基づく契約上の地位及び/又は当該契約に基づき発生する権利義務を、利用者の同意を得ることなく第三者に移転、譲渡又は委任することができるものとします。

20.4 本利用規約は、日本の法律に則って解釈され、両当事者は、本利用規約に関連するいかなる紛争、議論、主張に関する紛争であっても東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

20.5 両当事者は、本利用規約が両当事者間の相互理解を完全にまた排他的に表明すること、本利用規約が規定する内容に関して以前に書面や口頭を問わず両当事者間に存在するいかなる合意にも優先されることに合意します。

20.6 本利用規約を理由として、いかなる代理権、共同経営、合弁事業、雇用も発生せず、利用者はいかなる事項においてもMetapsを法的に拘束する権限を一切有するものではありません。

第2章 広告サービス

本章は、利用者が、本サービスのうち広告サービスを利用する場合に適用されるもので、広告サービスを利用する利用者には、第1章に加えて、本章が適用されます。

1. 実施権の許諾

1.1 本利用規約に従い、利用者は、Metapsに対し、広告サービスのために利用者からMetapsに提供される、広告、メタデータその他関連資料(以下「本広告」といいます。)を、ロイヤルティフリー(本利用規約で明確に記述されている場合を除きます。)かつ非独占的に、世界中で、現在既知の及び/又は今後開発されるメディアにおいて、使用、コピー、再生、配信、ディスプレイする実施権を、無償で付与します。

2. 広告

2.1 利用者は本利用規約に基づく契約期間中、広告サービスを利用して、Metapsと提携する第三者のウェブサイト及び/又はアプリケーション上に本広告を掲載することができます。利用者は、本広告の内容が、Metapsによって提供されるすべてのコンテンツガイドラインに従うものであることを保証し、利用者は当該ガイドラインに反する広告を掲載してはならないものとします。Metapsは単独かつ公正な裁量をもって、利用者が本項を順守していないと判断した場合、いつでも、広告サービスの全部又は一部を中止することができます。

2.2 本広告の制作、記載内容については、利用者が責任を負い、Metapsは、これらについて何ら責任を負わないものとします。Metapsは、事前の書面による利用者の同意なしに、本広告の内容を修正、変更しません。ただし、利用者は、当該同意を不当に保留、または遅延してはならないものとします。

2.3 利用者は、広告サービスのコンバージョン結果の追跡を可能にするため、Metapsが提供する技術仕様に沿って本広告を表示し、必要な際にはコンバージョンの追跡の実行に協力するものとします。これに関わらず、Metapsは常時単独かつ公正な裁量を持って、事前の通告なしに、いつでも、本広告を、Metapsのプラットフォーム及び/又は本サービス上に掲載し、そこからの配信を停止、削除、拒否することができます。

3. レポート

3.1 Metapsは利用者にコンバージョンレートや、一日毎の本アプリケーションのインストール数などの統計を含む定期的なレポートを提供し、利用者はMetapsのウェブサイト上の自らのアカウントにログインすることによって当該レポートにアクセスする事ができます。なお、当該レポートに掲載されている統計値は、Metapsが独自の基準に基づき算出したものであることを、利用者は予め了承するものとします。

4. 支払条件

4.1 利用者は、Metapsの定める方法により、広告掲載の申し込み、本アプリケーションの登録、広告掲載の期間の設定等をすることができます。

4.2 利用者は、Metapsに対して、Metapsと別途合意した場合を除き、広告サービスを利用する場合には、本広告を出稿する前に、預託金(以下単に「預託金」といいます。)を事前に支払うものとします。利用者は、Metapsに対し、「Pyapal」、銀行振込その他Metapsの指定する支払方法により預託金を入金するものとします。Metapsは、預託金の残高が存する間は本広告の出稿を継続し、預託金の残高が出稿単価を下回ると自動的に本広告の掲載を止めるものとします。預託金を払い戻す場合には、Metapsが定める一定の条件を満たす必要があることについて、利用者は予め承諾するものとします。

4.3本広告を閲覧したユーザーが、Metapsの定めるアクションをするたびに(本アプリケーションをタップ、クリック、ダウンロードをする行為を含み、これに限りません。)、Metapsは預託金から、本広告の出稿料として別途定める金額を差し引くものとします。本広告の出稿料(税抜)は、は日本円、米国ドル、又は韓国ウォンで表示されます。

4.4 利用者は次のような場合、Metapsに対して預託金の精算を要求することができます。

(1) 利用者が本広告の掲載を中止することを望む場合、または

(2)本広告の掲載が完了し、かつ、利用者の口座に残高が残っている場合

5.順守事項

5.1利用者は、以下の行為を、第三者に対して行ったり、第三者との間で行うことに同意したり、第三者に対して行う権限を与えたり奨励してはならないものとします。

(1) 広告サービスを利用して、違法、中傷的、名誉棄損、迷惑、侮辱的、詐欺行為、猥褻、ウイルスを含む、その他Metapsが適切でないと合理的に判断するいかなるコンテンツまたは広告を伝達または配信する行為。

(2) 広告サービスの適正な運営を妨げる、妨げようと試みる行為又は他者の広告サービスの利用を妨げる行為。

(3) 広告サービスを不正又は違法な目的で使用すること。

5.2利用者が、前項の違反行為のいずれか一つでも行った場合、Metapsは、単独且つ公正な裁量により本利用規約に基づく契約を直ちに解除できるものとします。また、利用者は、前項の違反行為から生じうる法的責任から、Metapsを免責するものとします。

6. 表明保証条項

6.1本利用規約における利用者のその他の表明保証に加え、利用者は、Metapsに対し、以下の事項を表明し保証します。

(1)本広告に、第三者の知的財産権、企業秘密、人格権、プライバシーの権利、肖像権、その他一切の第三者の権利を侵害する恐れのあるいかなる物も含まれていていないこと。

(2)本広告に、いかなるウイルス、トロイの木馬、トラップ・ドア、バック・ドア(秘密の裏口)、イースター・エッグ(隠し機能)、ワーム、時限爆弾、キャンセルボット、他の広告サービスにダメージを与えたり妨げたりシステム・データ又は個人情報の傍受、不正没収を起こす可能性のあるプログラムのルーティンも含んでいないこと。

(3)本広告が成人向けコンテンツではないこと。

(4) 本広告が、いかなる法令又は規則にも違反していないこと。

7. 免責:保証責任

7.1 Metapsは、広告サービスに関連して、本広告の利用者の意図するユーザーに対するリーチ、本広告のコンバージョンレート、本アプリケーションのダウンロード数その他本広告の効果について何ら保証しません。また、Metapsは、本広告がいかなるウェブサイト又はアプリケーションの、どの位置に掲載されるかについても保証しません。Metapsは、広告サービスの利用の結果について何ら保証をせず、利用者は自己の責任と費用で広告サービスを利用するものとします。

8. 契約の解除

8.1理由の如何を問わず、本利用規約に基づく契約が解除された後も、利用者は、Metapsに対し、契約終結完了日までに本利用規約に基づき負う一切の債務について法的責任を負い続けるものとします。

8.2いずれかの当事者も、相手方に対し、2営業日前までに書面による通知をすることにより、いつでも、本広告の掲載を停止することができる。

9. 期間

9.1 本利用規約に基づく契約が事由の如何を問わず終了した場合であっても、第1条、第7条、第8条第1項及び本条はなお有効に存続するものとする。

第3章 広告収益化サービス

本章は、利用者が、本サービスのうち、本アプリケーション上に広告枠を設置し、本アプリケーションをマネタイズすることを目的とする広告収益化サービスを利用する場合に適用されるもので、広告収益化サービスを利用する利用者には、第1章に加えて、本章が適用されます。

1. 広告収益化サービス

1.1 利用者は、広告収益化サービスを利用するにあたり、以下の事項を順守しなければならないものとします。Metapsは、利用者が以下の事項を順守していないと合理的に判断できる場合には、いつでも、利用者による広告収益化サービスの利用の全部又は一部を停止することができるものとします。

(1) 本アプリケーション上に第三者広告を表示する場合、本利用規約の規定に従い、Metapsの指定する全ての第三者広告を表示すること。

(2) 第三者広告の広告主と直接交渉する等して、広告収益化サービスを利用せずに本アプリケーション上に第三者広告を表示しないこと。

(3)円滑な広告収益化サービスの運営のために、Metapsが行う第三者広告の表示等に関する要請及び技術的な内容の要請に従うこと。

(4) 前号に基づくMetapsの要請に沿った広告の表示、またその他の技術的な要請に従うために必要となるプログラミングを自らの責任と費用負担により行うこと。

(5) 第三者広告の内容、文言、デザインを変更し、又は第三者広告をその他の広告と統合する等してはならないこと。

(6) Metapsの定める「コンテンツに関する指針」を厳格に順守すること、及び広告収益化サービスを利用して、当該「コンテンツに関する指針」の記載内容に反する広告を本アプリケーション上で表示又は表示可能な状態にしないこと。

1.2 利用者は、本利用規約の適用および解釈が以下の事実を前提としてなされることを理解し、これに合意します。

(1) Metapsは、広告制作や広告代理店業を行うのではなく、利用者と広告主との間に発生する取引を促す立場にあること。

(2) 広告主は本利用規約の当事者ではない第三者であり、Metapsとは無関係であること。

(3) 広告主及びMetapsは、その独自の判断によっていつでも本アプリケーション上の広告表示を中止することができること。

(4) Metapsは、第三者広告の内容について一切責任を負わないこと。

(5) Metapsは、第三者広告の広告主との契約に基づき、同契約において合意された基準に基づき、広告掲載料を収受する権利を有すること。

1.3 利用者の本利用規約に違反する行為があった場合、又は詐欺的行為があると合理的に判断される場合、Metapsは、第3条に定める利用者への支払いを停止することができます。

2. レポート

2.1 Metapsは利用者にコンバージョンレートや、一日毎のインストール数などの統計を含む定期的なレポートを提供し、利用者はMetapsの本ウェブサイト上の自らのアカウントにログインすることによって当該レポートにアクセスする事ができます。なお、当該レポートに掲載されている統計値は、Metapsが独自の基準に基づき算出したものであることを、利用者は予め了承するものとします。

3.第三者広告掲載料の支払い

3.1 Metapsは、利用者に対して、Metapsの定めるエンドユーザーの行為(エンドユーザーによる第三者広告のクリックを含みますが、これに限りません。)が完了したことを条件に、次項以下の場合に、前条のレポートに記載されたデータに基づき、第三者広告掲載料を支払うものとします。

3.2 Metapsがウェブサイトに掲載する場合や、Metaps と利用者が書面にて合意する場合を除いて、第三者広告掲載料は、前条のレポートに記載された、エンドユーザーによる第三者広告のクリック件数、第三者広告にかかるアプリケーション(以下「第三者アプリケーション」といいます。)のダウンロード件数又はインストール件数(以下「アクション件数」といいます。)に基づいてMetapsが算定します。Metapsは、利用者に対して、毎月末に、当月のアクション件数及び日本円建てによる広告掲載料の支払金額(税抜)を記載した月次計算書を提出します。利用者に対する第三者広告掲載料の支払いは、月末締め60日後払いとします。利用者が、第三者広告掲載料の金額に異議がある場合、計算書の受領日から15日以内に書面でMetapsに通知しなければならず、これがなされない場合、Metapsは、利用者が異議を申し立てる権利を永久に放棄したとみなすことができます。

3.3本利用規約において別途定める場合を除き、各当事者は本利用規約が規定する義務の履行に関して要する費用(税金、罰金等も含みます。)につき、各自が責任を負います。

3.4 利用者は、第三者広告掲載料を不正に入手する目的で、自ら又は第三者をして、第三者広告のクリック、第三者アプリケーションのダウンロード等を行ってはならないものとします。Metapsは、かかる不正な第三者広告のクリック及び第三者アプリケーションのダウンロードについて、第三者広告掲載料を支払う義務を負わないものとします。

3.5 Metapsは、利用者への第三者広告掲載料の支払額が10万円以下の場合に、「Paypal」を手段として支払いを行うことができます。また、Metapsは、利用者への支払額が10万円以上の場合に、銀行口座への振込みを手段として支払いを行うことができます。Metapsは随時、本条項が規定する支払方法を変更することができますが、かかる変更を行う場合、Metapsは、利用者に対して、かかる変更を事前に通知するものとします。なお、第三者広告掲載料は、月末時点で、Metaps所定の基準による為替レートによる$50に達している場合には、自動的に支払いが実行されます。

4. 表明保証条項

4.1 本利用規約における利用者のその他の表明保証に加え、利用者は以下の事項を表明し保証します。

(1) 第三者広告や広告収益化サービスの正常な動作を妨害し、若しくはそのおそれのある行為、又は他者による広告収益化サービス利用の妨害若しくはそのおそれのある行為をしないこと。

(2) 第三者に対し、広告収益化サービスを利用させること。

4.2 Metapsは、いかなる第三者広告が、本アプリケーション上に表示するかを制御することができず、したがって、Metapsは、利用者に対し、いかなる第三者広告が、いかなる日時に、本アプリケーション上に表示されるかについて、一切保証しません。また、Metapsは、いかなる第三者広告についても、その内容、表示について一切責任を負いません。

5. 免責:保証

5.1 Metapsは、アクション件数及び第三者広告掲載料の金額について何ら保証しません。また、利用者は、自己の責任と費用において広告収益化サービスを利用するものとし、Metapsは、利用者が、広告収益化サービスを導入したことにより、エンドユーザー数又は本アプリケーションのダウンロード数が減少する等利用者に不利益な結果が生じたとしても、かかる結果について何ら責任を負うものではありません。

6. 期間

6.1 本利用規約に基づく契約が事由の如何を問わず終了した場合であっても、第3条第2項乃至第4項、第4条第2項、第5条及び本条はなお有効に存続するものとする。

第4章 Analyticsサービス

本章は、利用者が、本サービスのうち、利用者にエンドユーザーによる本アプリケーションの利用状況等の分析を目的とするAnalyticsサービスを利用する場合に適用されるもので、Analyticsサービスを利用する利用者には、第1章に加えて、本章が適用されます。

1. Analyticsサービス

1.1 Metapsは、利用者にエンドユーザーによる本アプリケーションの利用状況等の分析を目的とするAnalyticsサービスを提供するものとし、利用者は、これを本利用規約に従って利用するものとします。

2. データの取得

2.1 利用者の要求があった場合には、Metapsは、利用者のアカウントおよび関連するアカウント情報を削除します。Metapsは利用者のアカウントが削除された場合、速やかにエンドユーザーデータの収集を中止するものとします。

3. 分析情報の提供

3.1 Metapsは利用者に一日毎のインストール数などの統計を含む定期的な情報を提供し、利用者はMetapsのウェブサイト上の自らのアカウントにログインすることによって当該レポートにアクセスすることができるものとします。なお、当該レポートに掲載されている統計値は、Metapsが独自の基準に基づき算出したものであることを、利用者は予め了承するものとします。

4. 利用料金

4.1 利用者は、Metapsに対して、Metapsと合意したAnalyticsサービスの利用の対価(以下「Analyticsサービス利用料金」といいます。)を支払うものとします。

4.2 Metapsは、利用者に対し、Analyticsサービス利用料にかかる請求書を送付するものとし、利用者は、Metapsに対し、当該請求書を受領した日の属する月の翌月末日限り、支払うものとします。

4.3 第1項の支払いはMetapsの指定する銀行口座に振り込むことによるものとし、振込手数料は利用者の負担とします。

4.4 利用者がAnalyticsサービス利用料金の支払を遅滞した場合、利用者は年14.6%の割合による遅延損害金をMetapsに支払うものとします。

5. 期間

5.1 本利用規約に基づく契約が事由の如何を問わず終了した場合であっても、第1条、第4条第4項及び本条はなお有効に存続するものとします。

第5章 Automationサービス

本章は、利用者が、本サービスのうち、Automationサービスを利用する場合に適用されるもので、Automationサービスを利用する利用者には、第1章に加えて、本章が適用されます。

1. サービスの範囲

1.1 Metapsは、本利用規約に従い、対象サイトにおけるマーケティングを促進することを目的として、Automationサービスを提供します。

2. 当社の業務

2.1 Metapsは、Automationサービスとして、以下の業務を行うものとします。

(1) 対象サイトに設置されたタグを通じて取得することのできるエンドユーザーの行動履歴のデータに関する分析

(2) 対象サイトにかかるマーケティング支援業務(対象サイトにおいて使用できるクーポンその他のクリエイティブの制作を含みます。)

2.2 前項2号に掲げる業務におけるマーケティングの運用は、Metapsが独自に解析する方法に基づき行われるものとし、利用者は、その内容について、異議を述べないものとします。

3.契約の成立

3.1 利用者は、Automationサービスの利用を希望する場合には、本利用規約に同意の上、Metapsに対し、Metaps所定の方法により、Automationサービスの利用の申込みをするものとします。

3.2前項に基づく利用者からの申込みがあった場合には、Metapsが当該申込みを承諾することで、Metapsと利用者の間において、Automationサービスの利用にかかる契約が成立するものとします。

4. 利用者の義務

4.1 利用者は、Metapsが指定するタグを、対象サイトに設置するものとします。

4.2利用者は、Metapsに対し、Automationサービスを提供するために必要であるとMetapsが認める情報、データ及び資料(以下「資料等」という。)を貸与し又は提供するものとします。

4.3利用者は、自己の費用と責任により、資料等の利用に関する第三者の知的財産権等に係る許諾の取得その他当該利用を適法なものとするために必要な一切の措置をとるものとします。

4.4利用者とエンドユーザーとの間で生じた取引、連絡、紛争等について、Metapsはその責任を負わないものとし、利用者は自己の責任と費用においてこれらを解決するものとします。

5. 分析情報の提供

5.1 Metapsは利用者に一日毎の対象サイトの閲覧数などの統計を含む定期的な情報を提供し、利用者はMetapsのウェブサイト上の自らのアカウントにログインすることによって当該レポートにアクセスすることができるものとします。なお、当該レポートに掲載されている統計値は、Metapsが独自の基準に基づき算出したものであることを、利用者は予め了承するものとします。

6. 利用料金

6.1 利用者は、Automationサービス利用の対価として、Metapsの定める月額利用料金、従量制の利用料金及び追加の利用料金(以下「Automationサービス利用料金」といいます。)を負担するものとします。

6.2 Metapsは、利用者に対し、Automationサービス利用料金にかかる請求書を送付するものとし、利用者は、Metapsに対し、当該請求書を受領した日の属する月の翌月末日限り、支払うものとします。

6.3 利用者がAutomationサービス利用料金の支払を遅滞した場合、利用者は年14.6%の割合による遅延損害金をMetapsに支払うものとします。

6.4 Metapsは、いかなる場合であっても、既にユーザーから当社へ支払われたAutomationサービス利用料金を返還する義務を負わないものとします。

6.5 Automationサービス利用料金には、Automationサービスを通じて行われるプロモーションにかかる販促費その他の費用は、含まれません。利用者は、自らのプロモーションにかかる費用について、自ら負担するものとします。

7. 非保証及び免責

7.1利用者及びMetapsは、MetapsがAutomationサービスの提供によりプロモーション効果その他の成果を保証するものではないことを確認します。

7.2 利用者は、Automationサービスの利用に際して、タグを自らの責任で対象サイトに埋め込むものとします。

7.3 Metapsは、利用者のAutomationサービスの利用に関連して生じた損害(対象サイトとタグとの互換性に起因する損害、タグが無効化することによる損害等を含みますが、これらに限られません。)について一切責任を負わないものとします。

8. 期間

8.1 第1章総則17.1の定めにかかわらず、Automationサービスの利用にかかる契約の有効期間は、Automationサービスにかかる契約の成立日から、6か月間とします。ただし、当該有効期間満了日の1カ月前までに、Metaps又は利用者のいずれからもAutomationサービスの利用にかかる契約を終了する旨の通知がなされない限り、その後1か月間同一条件にて更新されるものとし、以降も同様とします。

8.2 第1章総則18.2の定めにかかわらず、契約期間中は、利用者は、Automationサービスの利用にかかる契約の解約をすることができないものとします。仮に、利用者が、契約期間中にもかかわらず、Automationサービスの利用にかかる契約を解約する場合には、利用者は、Metapsに対し、解約と同時に、契約期間中に発生するAutomationサービス利用料金の全額を支払うものとします。

8.3 本利用規約に基づく契約が事由の如何を問わず終了した場合であっても、第3条第4項、第5条第3項乃至第5項、第6条及び本条はなお有効に存続するものとします。

改定日: 2016年12月1日
以上